あるお母さんが、娘の左利きを直そうと注意していました。
無意識に左手で持ったスプーンを右手に持ち替えるように指導しています。
大人になってから困るからと、そのお母さんは考えているようでした。

昔は、子どもの左利きを右利きに矯正するのが当たり前だったようです。
でも、最近は左利きのままでもかまわないという考え方が多いようです。
左利き用の道具が増えていることや、左利きのスポーツ選手や芸術家が活躍していることが影響しているのかもしれません。
そこで、左利きは直した方がよいのか考えてみました。

【左利きのイメージ】
昔は、左利きだと親の教育がなっていない、育ちが悪いと感じる方が残念ながらいたようです。
最近では、左利きは天才肌などと言われることもあり、便利そう、頭が良さそうに見えるなどのプラスイメージが多いようです。

【直す? 直さない?】
利き手を変える作業は、大変なことです。
人によっては、自分にとって自然である左利きを直すように言われることで、自分自身を否定されていると感じてしまうこともあるようです。
また、簡単に直せるものではないので、度々直すように言われ、時に怒られることで、子どもの自信を奪ってしまうのです。

【ものは考えよう】
そこで、左手で苦手なことは右手で挑戦させてみるなど、臨機応変に使い分けるのが良いのではないでしょうか。
そもそも左利きは、持って生まれた特徴です。
それに、左利きだから不利になる社会ではありません。
今は、人と違うことや特別な技能が大切にされる時代ですからね。
とは言え、社会の様々なものが右利き用に設計されているのは確かです。
だからこそ、小さい内から両手を使い分けられるように教育する事が大切だと思います。
利き手を変えるのではなく、条件に応じて右手も使える器用な手になるように導いてあげるのが親の務めではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です